• HOME
  • アルファテクノロジーについて

アルファテクノロジーについて

アルファテクノロジーについて

通信・情報・半導体・自動車輸送機器・家電など、
多彩な製品分野において、
当社の卓越した技術力を駆使しながら、
日本の「モノづくり」をサポートしています。
具体的には、ハイブリッドカー用車載用品の機構設計や携帯電話の筐体設計、
デジタル家電の回路・LSI設計、リチウムイオン電池の評価、複合機の組込制御ソフト、
Androidでの携帯アプリ開発など、最先端技術をフル活用したプロジェクトに参画しています。

当社の魅力はここ!

企業理念技術で生きていく人のために成長できる環境づくりを続けています

企業理念 企業理念の1つに、「お客様と共に永続的幸福を追求する」があります。技術者専門集団の私たちにとって、 お客様と「永続的」な関係を保つには、「変化」は不可欠だと私は考えます。その「変化」とは、技術者一人ひとりの技術やスキルの習得による成長であり、会社組織としては技術者の成長意欲を喚起できる環境づくりを続けることにある、と考えます。それゆえ、技術者の育成システムやサポート体制の充実、そしてスキルマップのバージョンアップに全力を尽くしています。技術者として生きていきたい人たちにとって、最高の環境を用意し、「変化」を「進化」に結びつけることが、経営者の使命であると考えています。(代表取締役社長 吉田岳彦)

事業優位性お客様の期待を上回る「提案」ができる技術専門集団を目指します

事業優位性 私たちのような技術専門集団は、お客様の研究・開発部門に「人材」というリソースを提供するのが最大のミッションです。しかし私たちは、技術者の質を高める人材育成に加え、「提案」という付加価値を提供し、事業の優位性を実現しています。具体例としては、産学協同で開発した画像処理システムや、携帯電話の動作確認テスト用の音声・画像・文字判別システムなど、研究・開発のプロセスをより効率化する各種システムの自社で開発し、多くのお客様から高い評価をいただいています。私たちはこれからも、お客様の期待を上回るソリューションを提案できる技術専門集団を目指し、さまざまなチャレンジに取り組んでいきたいと考えています。

戦略・ビジョン時代の変化を先取りし、柔軟な組織改変を積極展開しています

代表取締役社長 吉田岳彦 先日実施した社員アンケートで、現在の仕事内容への満足度を尋ねたところ、大多数が「満足」と回答しました。この結果を分析すると、技術・営業の各リーダークラスが密に連携し、一人ひとりの技術者のスキルアップに役立つ開発案件を任せていることと、時代の変化に応じた柔軟な組織改編を行っていることが要因と考えられます。たとえばお客様の信頼向上を目指して製品分野毎に技術・営業の混成チームで成り立つ組織にしたり、営業力強化のために技術・営業を分けたオーソドックスな組織にしたり。変化の速い時代の中、お客様から絶対的な信頼を寄せられる技術専門集団としての地位を確立すべく、私たちは新しい取り組みを常に継続しています。

福利厚生について

当社の福利厚生として、まず社内旅行があります。昨年度は韓国へ行きました。
ここでその時のお話を少しだけしたいと思います。

去る2月3日から5日まで社内旅行を実施致しました。場所は韓国ソウル。
韓国の空港に降り立った感想は、案の定『ちょー寒い{{{(>o<)}}} 厚着してきて良かったぁ。。。』

 今回の社内旅行で決まっていることは、行きの免税店、帰りの土産物屋、そして、2日目の夜はみんなで骨付きカルビ焼肉!ということで、基本的には『自由』なプランでした・・・が、ここで『ご飯は一緒に食べるべきっしょ!』と社長からのお声! ここからドタバタ劇の始まりです。 現地ガイドに食事場所の確保をお願いすると共に、社長自ら価格交渉スタート! 2日目が焼肉だったため、初日の晩ごはんは海鮮鍋となり、皆で美味しい海鮮鍋をいただきました。(社長、ありがとうございました!そして個人的には、鍋の底に隠されていた麺が美味しかったです!)

社員旅行 その後、ぼたん雪の中カジノへ行く人や飲みなおす人、そして怪しいカラオケに行く人と、皆さん思い思いに夜の帳に消えていったのでした・・・☆

 2日目は自由行動。オプショナルツアーに参加した人は古い町並みや寺院、昼食で石焼ビビンバをいただいた後は、狙撃、いや射撃場に移動して銃乱射!!!(爽快だったそうです)。その後スーパーに買い物に行って、色々買われたみたいですよ(私は免税店で買い物三昧でした)。

 そして夜はいよいよ本場「骨付きカルビ」の登場です。 網の上に肉汁という汗をかいて転がる肉の群れ!群れ!群れ! うーん、いい香り。 頃合いを見計らって、いざ口の中に投入。日本の焼肉とは違う美味しさを感じながら喜んでいると、悲しい現実が・・・ に、肉がもうない!アッという間になくなってしまった!! 悲しそうな顔している横から仏様のような声が。
「これが最後やから、しっかりと味わって食べなあかんで。」思いもよらぬ追加注文!!! 専務に言われたとおり、味わってお肉をいただきました!ありがとうございました!!(雑食の私に対する味覚の批評は受け付けておりません)

 3日目は、ホテルをチェックアウトした後また羽田組と関空組に別れて出発。その後に立ち寄ったお土産物屋では、空港価格の1.5倍でモノが売られ、似たようなモノが近くのセブンイレブンで現地価格。速攻セブンに移動したのは言うまでもありません。 その後金浦空港からそれぞれ帰路へ。 と、こんな感じで前回の社内旅行は終わりました。 なお今年度は、世界遺産白川郷へ行く予定となっています。

社内サークル  また、社内公認サークルの立ち上げを行っております。各エリアで色々なサークル活動を行っておりますので、ここで一部を紹介したいと思います。 軽音楽サークルに野球、フットサル、釣り、スキー・スノボ、変わったところではバイクサークルなんていうのもあります。

 もし興味を持っていただけるようであれば、入社されたとき、是非サークル活動についてお尋ね下さい。窓口を担当している部署の者から連絡させていただきます。

この他にも新たな取り組みを考えており、ご縁あってご入社いただいたときには、更に色々な福利厚生が増えているかもしれません。乞うご期待!

ページのトップへ